トップページ

    このサイトではプレミオの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プレミオの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプレミオを高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近くのトヨタのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比較できるので、プレミオ(PREMIO)の買取値段の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へプレミオの買取査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「プレミオを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプレミオの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、プレミオを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    プレミオの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「今自分が乗っているプレミオの買取相場っていくらなの?」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのプレミオでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がプレミオの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたプレミオを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社が愛用のプレミオを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したプレミオを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    トヨタのプレミオの買取査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたプレミオを高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で10社の会社がプレミオの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    さまざまな種類の中古商品の売却の際にいえることでしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、車の種類によっては相場がアップしやすい時期や地域性がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、大概初年度登録から経過した日数が過ぎていない方が相場は高くなります。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    もっと酷いケースになると、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。

    一般的に年度末で決算でもある3月や夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはネット上にある中古車一括査定サイトの複数社見積りサービスを活用するのも手です。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、見積額の高い業者の幾つかと交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあとでトラブルにも発展しかねないため、はっきり断る意思表示も必要です。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、業者の無料査定を経験した人ほど本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、事前に修理したからといってむしろ修理をすると損するのです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人で修理に出したときのお金では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、買取査定に出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。