トップページ

    このサイトではプレミオの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プレミオの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプレミオを高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近くのトヨタのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比較できるので、プレミオ(PREMIO)の買取値段の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へプレミオの買取査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「プレミオを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているプレミオの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、プレミオを高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    プレミオの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「今自分が乗っているプレミオの買取相場っていくらなの?」という場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのプレミオでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がプレミオの見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたプレミオを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社が愛用のプレミオを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したプレミオを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    トヨタのプレミオの買取査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたプレミオを高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で10社の会社がプレミオの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという噂があります。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで外装の汚れや傷などが分かり難くなると言うのが理由となっているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、車を手放すときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、契約を交わした相手の個人情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに中古車査定ができてしまうのが一括査定サイトを利用することの長所と言えますね。

    車種や連絡先などの情報を入力すると瞬時にその車の査定金額をたくさんの会社から教えてもらうことができて、現段階での売ろうとする車の査定相場が分かってしまうのです。

    車以外の個人情報を入力するのが嫌だという時には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に費用面のことは失念しやすいですから、査定手数料が必要なのかどうか契約前に念のために確認するようにしてください。

    査定手数料をとる場合でも買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    けれどもそれで諦めろといったことをここで書くつもりはありません。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと部分ごとに細かく査定して買い取ってくれます。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    生命保険などと違い、自動車保険は掛け捨てで、続けても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、好条件を提示している他社があるのならさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    その他の一括査定サイトと同様、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、一度に多くの保険会社の掛金やサービス、保障内容を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、駐車場の料金もかかってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうか存分にあれこれ検討してみると、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検切れまで残り半年くらいになると既にプラス査定は期待できなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に自動車を売る前に車検をすることはあまり意味がありません。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。